一風変わったノート レノボIdeaPad Yoga 13試用レポート

今回レノボさんから再び実機をお借りすることができました。
IdeaPad Yoga 13というちょっと変わったノートというかタブレットにも変化する機種なんですが、使い勝手をレポートしていきたいと思います。

まず箱から取り出すと、最近のノートにしては珍しい高級感のある外観。
簡素なボディの安価なノートとは少し趣が異なります。
薄くて軽くおしゃれな印象です。

OSは悪評高い(?)Windows 8。
使いにくいという話は聞いていましたが果たしてどうか。

電源を押すと現れた特徴のあるタイル群。
タッチ操作の感触は悪くないし、スクロールもスムーズ。
閲覧オンリーで、タブレットとして使うには良いのではないかと思います。
ただ、ある程度長い文章を打つには、ちょっと不便なのでとりあえずタブレット方式は保留して、ノートとして使ってみることに。

Windows8に手間取る

…う~ん、初期画面からデスクトップというパネルをクリックしないとダメなんですね。
今までのWindowsはデスクトップが標準の画面なので、少々面倒くさい。左下にあったスタートボタンもないですし…。
起動はすこぶる早かっただけに(10秒弱)、慣れるまで手間取るのが痛いところ。
なんとなくWindows 8の評価がイマイチな理由がわかったような。

スタートボタンを復活させ、最初のパネル画面を飛ばしてデスクトップ画面から始める設定が出来る「Classic Shell」というソフトを導入。
これでようやくこの機種自体のレビューが出来ることに。ちょっと疲れた…。

液晶はIPSパネル採用で綺麗。

まず、外観と薄さは問題なし。
タブレットにしたり、立ててみたりというのも、それが別にどうにかなるというわけ
ではないけど単純に動かしていると楽しい。

IPSといってもピンキリで色々種類があるようですが、IdeaPad Yoga 13のパネルは、 ギラつきも感じられず本当に綺麗。欲を言えばもう1段2段、輝度が下げられると良かったですかね。

レノボのサイトにある「Parts Lookup」で部品をチェックすると、LGパネルのようです。
普段使用している三菱のIPSモニター「MDT231WG」もLGらしいので、色味も似通っているように感じます。
しかし三菱の方は白い画面を見るとやや油膜のようなギラつきが見られるので、発売時期が3年違うとはいえ、液晶の技術の進歩が見れたような気がしました。

SSDのベンチ

SSDはサムソンのMZMPC128HBFU-000L1(128GB)。
起動が早かったので、T430Sに載っていたSSDより性能が良いのかと思ったのですが、CrystalDiskMarkのベンチマークのスコアは、T430SのSSDより若干遅め。
単にWindows8が起動速度重視のOSということのようです。

気になるファン音

最初は気づかなかったけど、使っているうちに気になったのはファン音。
家のデスクトップを静音仕様にしているため、余計そう感じるのかもしれませんが、常時ファンが回っているのが、結構気になります。音がうるさいという訳ではないのですが…。
筐体が薄いゆえに排熱をどんどんしていかないといけないのでしょうか。

ゲーム性能は?

このサイトはゲームパソコンを紹介する所なので、ベンチマークテストをいろいろやってみました。
とその前に、まずエクスペリエンス。
クラフィックのパフォーマンスが「4.7」ですか…だいぶ低いですね。

前記事のT430SはCPUの性能が高かったため(Core i7-3520M 2.90GHz)、インテルHDグラフィックス4000でも、結構ベンチマークの結果は良かったのですが、Core I7 3517U(1.90GHz)では、やはりCPUのパワー不足か?

新3DMarkの数値

3DMARK11と3DMark Vantageのベンチマーク
やはりT430S(Core i7-3520M 2.90GHz)と比べると低め。(上がYoga13、下がT430s)

モンハンは問題なく動作するといわれる2,000に届かず。

PSO2も一番負荷のかからない設定で、快適な動作が見込めるという5,000越えならず。

ちなみに、バイオ6はフレームレートの標準ラインのかなり下を延々と、もう這うようなスコアで推移。
スカイリムは動きが重くて、一番軽い設定にしてもプレイに支障が出るレベルでした。
さすがに現状のウルトラブックのCPUでライトゲーム以外を動かすのは厳しい状況のようです。

ちょっと変わった使い道を考えた

外部GPUが必要なゲームは難しいようですが、このパソコンに合ったゲームプレイというのを1つ思いつきました。(冗談半分なので、あまり深く考えないで下さい。)
まずAndroidのゲームがPCで出来る「BlueStacks」をダウンロード。
PCだと縦画面というのがうまく表示されないのですが、IdeaPad Yoga 13はタブレットに変化させることが出来るのでして縦画面のゲームも綺麗に表示。

これは中々面白いというか、こういう使い方をして楽しむ人はあまりいないかと思いますが、IdeaPad Yoga 13の特性を考えると、我ながら良いアイデアではないかとちょっと自画自賛。

流行のパズドラでも出来たらもっと良かったんですが、動きませんでした、残念。

総評

結局、この機種の評価はWindows8の使い心地が良いか悪いかによって違ってくると思います。
タブレットにも使えるノートというのは、もう完全にWindows8に合わせて作ってあるわけですから。
個人的には1週間という貸し出し期間では、前出のタブレットでAndroidゲームを楽しむことぐらいしか、この機種ならではという使い方を見つけられませんでしたが、使う人によってはもっと有効な使い道を見つけられるのかも知れません。

単純にIPS液晶でキビキビ動くノートパソコンとしてみれば、悪くはないです。
ただT430sに、この液晶が載っていれば、ゲームも出来る魅力的な高性能ノートになるような気がするんですが、どうなんでしょう、レノボさん。

※この記事は2013 年 4 月 21 日のものです。

カテゴリ: [実機レビュー]

サブコンテンツ

このページの先頭へ