艦これを7年前のノートパソコンで動かしてみた。

前から気になっていた艦これを遅ればせながらプレイしてみました。なかなか楽しいです。

そしてこれも前から気になっていたのが、ASCII.jpの「艦これに関係してくるのはCPUパワー(http://ascii.jp/elem/000/000/823/823077/index-2.html)」の記事。
それによると、AtomやCore 2 Duoでも、艦これは動くらしい。

うーむ、それならば7年前に買ったウチの休眠VAIO VGN-FE90S(Core Duo T2400 1.83GHz)はどうなのだろうか。。。
ちょっと試しにプレイしてみました。

使用機種:SONY VAIO VGN-FE90S
GPU:NVIDIA GeForce Go 7600(128MB)
CPU:Core Duo T2400(1.83GHz)
メモリ:2GB

セキュリティーソフトのアップデートやらFlashの最新バージョンへの切り替えを済ませてログイン。

いざ暁の水平線へ!!!

………………………げ・き・お・も。

やっぱり、ウリ科、いや無理か。
VGN-FE90Sは着任できないというのかぁぁぁ。と庭にいる猫に叫んだものの事態は好転しない(当たり前)。

まあしかし世の中には艦これ Wiki(http://wikiwiki.jp/kancolle/)という便利なものがあるので、そこを覗いてみるとIEのキャッシュ領域を1024MBにすると良いらしい。(公式サイトにもそう書いてあるとのこと)

具体的には[インターネットオプション]→[全般]→[閲覧の履歴]→[設定]→[使用ディスク領域]→【1024】MBに設定。
とすれば良いとの事。

これで動かなければ仕方がない。VAIOよ、また長い眠りつくがよい。クックック…。
で、再起動して再びログイン!!!

いざ暁の水平線へ!!!。

…お・も・く・な・い(古いな~)

VAIOさんマジっすか?!やれば出来るじゃないですか。まさかの普通に動作。以下映像。

なるほどねぇ。これなら今売られているノートなら何の問題もなく動くでしょうし 、Amazonが「艦これ」推しのWindows 8.1タブレット割引キャンペーンなんてのをやるわけだ。
ただタブレットだと通信環境が整っていないと厳しいような気がしますが。。。

何はともあれ「艦これ」のプレイ環境の敷居が低いのは良いことだと思います。

で、最後に私的な「艦これ」感想文を。

お手軽でいいんですが、シミュレーション要素がセロというのが、少し寂しい気がしました。
基本どのマップもすごろくみたいな感じで進んでいくので。。。

大昔、MSX(これもまた古いな~)のフリートコマンダーⅡ 黄昏の海域というゲームがあって、駆逐艦や潜水艦でまず索敵をして、艦隊を発見したらそれを攻撃していくという、「シミュレーションウォーゲーム」っていうんですか、プレイする前はそんなイメージを持っていたものですから、はい。

確かにwikiのレシピを参考に艦隊を作って、何が出来るかというワクワク感は、いいですよ。
ただ、シミュレーション要素がセロとなると、なんとなく先々楽しくなくなりそうな予感が…。

艦隊組んで、見えない相手を索敵しながら進んでいく。そういう緊張感がねぇ。もう少しあると。。。
でもライトゲームはあまり複雑にしちゃうとダメなのかな。
大戦略とか提督の決断みたいなのでは…。思考ルーチン入れなくちゃいけないですしね。サクサク感は無くなるでしょうから。

それから今のところ、個人的には課金要素がゼロですね。
部屋の模様替えよりも、艦娘に服を買ってあげたいですよ、ええ。着せ替えを楽しむみたいな。

艦娘のセリフのパターンが一定なので、見栄えの変化を楽しみたいなと。それならば課金してしまうかも知れない。どうでしょうDMMさん(しかし最近良くCMやってますね。景気がいいんでしょうか?)

※この記事は2013 年 12 月 30 日のものです。

カテゴリ: [艦これに関するあれこれ]

サブコンテンツ

このページの先頭へ