GTX 660 Ti搭載のゲーム向けPCに静音タイプの製品が登場

ファンや電源、HDDの稼動音など気になる人は気になるPCから生じる音…。
ドスパラから発売されたGalleria XT Silentは、そんな気になる音、を極力抑えるべくケースやパーツを厳選した静音モデル。
まずケースは 静音性の高さで定評のあるCoolerMaster製の静音ケース「Silencio 550」を採用。
電源ユニットは安定性も高いSea Sonic Electronics製「SS-760KM」、GPUに独自GPUクーラーを備え静音性と冷却性能に優れた「N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OC」を採用し、静音にこだわったつくりとなっています。
起動ドライブはIntel製120GBのSSD、データドライブは3TBのWestern Digital製HDD「WD30EZRX」。
標準価格が、14万9980円(税込)と少し高いかなぁという印象ですが、出来るだけ静かな環境でゲームを楽しみたい方はサイトを訪れてみては。

BTO標準構成の主なスペック
Galleria XT Silent
CPUCore i7-3770/3.4GHz-3.9GHz
マザーボード Intel H77 Express搭載
メインメモリPC3-12800 DDR3 SDRAM 4GB×2
GPU GeForce GTX 660 Ti(MSI製「N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OC」)
ストレージ SSD(容量120GB、Intel製)+HDD(容量3TB、Western Digital製「WD30EZRX」)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
有線LAN 1000BASE-T
サウンド オンボード
電源ユニット 定格760W(Sea Sonic Electronics製「SS-760KM」)
本体サイズ 210(W)×502(D)×451(H)mm(Cooler Master製「Silencio 550」)
OS 64bit版Windows 7 Home Premium
標準価格 14万9980円(税込)
ドスパラのゲーミングPCはこちら

関連する記事はこちら

※この記事は2012 年 9 月 24 日のものです。

カテゴリ: [ドスパラのデスクトップPC]

サブコンテンツ

このページの先頭へ