ドスパラから「GTX 560 Ti」と「i7-2600K」を搭載した「ウィッチャー2」推奨PCが登場

2011年の7月に発売された「ウィッチャー2 王の暗殺者」の推奨認定を取得したデスクトップPCがドスパラから登場。
GPUに「GeForce GTX 560 Ti」、そして「Core i7-2600K/3.40GHz」というミドルレンジクラスのハードウェア構成となっています。
ウィッチャー2の推奨動作環境は、GPUが「GeForce GTX 260」又は「ATI Radeon HD 4850」以上、CPUはIntel製もしくはAMD製のクアッドコア搭載製品となっていて、プレイするパソコンに要求されるスペックはなかなか高いですが、「GeForce GTX 560 Ti」が載っているので動作に不自由はないと思われます。GTX 570以上のGPUを積むのもありでしょう。
パソコンで面白いシングルRPGをプレイしてみたい方で、現在使用しているPCのスペックに物足りなさを感じている方はご購入を検討されてみては?

ウィッチャー2とは

「ウィッチャー」と呼ばれる伝説的モンスタースレイヤーにまつわる物語を描いた人気RPGの続編。
前作では主人公ゲラルトが王国の政治的混乱に巻き込まれ、国王の命を暗殺者から救うことができた。第2章となる今作では、ゲラルトはまたもや政治の世界に引き込まれることに…。
深みのある壮大な物語に加え、新たな戦闘システムも搭載。また、3種類の独立したメインストーリーとマルチエンディングが存在。プレーヤーの選択や、旅の途中で出会うキャラクターとの関係で物語は複雑に変化していきます。

BTO標準構成の主なスペック
Prime Galleria XT
CPUCore i7-2600K/3.40GHz
マザーボード Intel Z68 Express搭載
メインメモリPC3-10600 DDR3 SDRAM 4GB×2
GPU GeForce GTX 560 Ti
ストレージ HDD(容量2TB、回転数未公開)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
有線LAN 1000BASE-T
サウンド オンボード
電源ユニット 定格550W(Delta Electronics製)
本体サイズ 192(W)×511(D)×436(H)mm
OS 64bit版Windows 7 Home Premium
標準価格 10万9980円(税込)
ドスパラのゲーミングPCはこちら

関連する記事はこちら

※この記事は2011 年 7 月 29 日のものです。

カテゴリ: [ドスパラのデスクトップPC]

サブコンテンツ

このページの先頭へ