Core i7-3000番台を搭載したゲームPCがドスパラから登場


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/chitty/gaming-pc.jp/public_html/wordpress/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/includes.php on line 395

2011年11月14日に発表されたSandy Bridge-EことCore i7-3000番台のCPUを採用したゲーマー向けのデスクトップPCが2モデル、ドスパラで販売開始。
Prime Galleria XT-eはCPUに「Core i7-3930K/3.2GHz」、GPUに「GeForce GTX 560 Ti」という組み合わせ。
もう一つのPrime Galleria XG-eは、CPUを「Core i7-3960X Extreme Edition/3.3GHz」、GPUを「GeForce GTX 580」へとスペックがアップされています。
両モデルともパーツ構成のバランスは悪くないもののお値段が少し高いでしょうか?

BTO標準構成の主なスペック
Prime Galleria XT-ePrime Galleria XG-e
CPUCore i7-3930K/3.2GHz-3.8GHzCore i7-3960X Extreme Edition/3.3GHz-3.9GHz
マザーボード Intel X79 Express搭載同左
メインメモリPC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×4同左
GPU GeForce GTX 560 Ti(1024MB) GeForce GTX 580(1536GB)
ストレージ HDD(容量1TB、回転数未公開、Serial ATA 6Gbps) 容量2TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチ 同左
有線LAN 1000BASE-T 同左
サウンド オンボード 同左
電源ユニット 定格750W(Delta Electronics製) 同左
本体サイズ 213(W)×542(D)×450(H)mm 同左
OS 64bit版Windows 7 Home Premium 同左
標準価格 14万4980円(税込) 17万9980円(税込)
ドスパラのゲーミングPCはこちら

関連する記事はこちら

※この記事は2011 年 11 月 14 日のものです。

カテゴリ: [ドスパラのデスクトップPC]

サブコンテンツ

このページの先頭へ